今日のおにいさん


ここでは、店長の一日、コラム、暴言!?を記したものです。
なお、店長はお客様から通称「おにいさん」と呼ばれておりますので
「今日のおにいさん」な訳です。
おっさんになっても、おにいさんなんだろうか?いや、もうおっさんかも!?


2005年6月29日(水)
久々の雨

今日は、とおり雨っぽかったですけど、一応、雨が降りました。
かたや渇水、かたや災害になるほどの豪雨。縦長に長い日本とはいえ、変な天候です。
今日の雨で、県北のダムは、少しは潤ったのかなぁ。
僕の住んでる地域では、取水制限は出ていませんが、小学生の時だったかなぁ?以前、経験したことがあります。蛇口をひねっても、勢いよく、水が出てなかった思い出が。あと、時間帯制限みたいなのもあったっけ。
普段、「雨」というと、嫌なイメージがあるのですが、今日の雨じゃあ、物足りないですね。もう少し降ってもらわないと。
あぁ、明日は休みで、一応走る予定なんだけど、走るときだけは、やっぱり降って欲しくない。ワガママですね。

2005年6月28日(火)
そろそろ汗が・・・。

今日は、半月ぶりにジテツウした。
朝から向かい風で、いつもの2/3のスピードしかでない。しかも、暑い。けっこう強い風がふいているのに暑い!
ボトルにいれてるCCDをガブガブ飲んだ。暑いときは、積極的な保水をおこたると、えらいめに合う。
お店に着いた。
向かい風で足をつかい、足がパンパンだ。で、自転車を下りると、汗がダァーーー。
ジャージがビチョビチョです。水で濡らしたタオルで体を拭くが、なかなか、汗がひきませんでした。
たしか、半月前に走ったときは、こんなに汗かいてなかったのだけど。
夏場は、体のクールダウンに時間がかかるので、いつもより早くお店に着かないといけないなぁ。
でも、久々のジテツウは、暑いけど、気持ち良いです。

2005年6月27日(月)
ジロ・デ・イタリア。

今日やっと、ジロ・デ・イタリアを見終わった。
DVDに撮ったものを、こうのさんに借りて観ていたのだが、さすがに20レースを真剣に見ると長い。
お店で営業しながら、見ているので、作業中・接客中は当然観れないので、1レースを3回ぐらい繰り返して観ています。
ロードレース、特に、何日にもわたるステージレースは奥が深いもので、パッとみでは、何がなんだかわからないのだけど、わかるとおもしろい。特に山岳ステージは、観ていると楽しい(走ってる選手は大変だろうけどね)
ジロが見終わり、今度は、ツールドスイスを観ているのですが、それが終わると、いよいよツールドフランスが始まります。
やはり注目はランス7連覇!?なわけで。あぁー、今年も、おもしろい展開を期待します。
(※ジロのDVD、観たい方、お問い合わせください)

2005年6月26日(日)
夏突入。

今日は午前中、FREESPEEDの練習会。お店から玉野方面、66kmを走った。
参加メンバーは、僕とマツキくんとフジサカくん。
メンバーからして、ハードな練習が予想されたが、やっぱりハードでした(笑)
平坦路では、30後半〜42km/hぐらいで、先頭交代しながら走った。のぼりは、貝殻山を海岸線のほうからのぼった。途中、見知らぬおじさんが、原付で僕らをひいてくれた。40オーバーで引いてくれ、とても練習になった。さすが競輪のおひざもと玉野。
僕は、しばらく練習をお休みしていたので、久しぶりにペースを上げた走行だったのだが、けっこう走れた面と、やはり練習不足を感じさせられる面もあった。
ただ、マツキくんも、フジサカくんもよく走るなぁ。特に自転車部のフジサカくんは、成長が著しい。すっかり、ハードな練習にもついてくるし。この夏を過ぎたぐらいに抜かれるか!?
そして今日は、暑さにもやられた。
しばらく練習をしてなかったので気付かなかったのだが、最近はすっかり夏の気温になってたのね。この暑さ、しんどいです。
これからの練習走行は、1時間早くしないといけないかもなぁ。早起きもキツいが、この気温のほうがキツいぞ。頭からかぶる為の水ももってこなきゃな。
あー、いよいよ、夏突入って感じがした走行でした。

2005年6月25日(土)
若い頃を。

昨夜はトダくんと、tamaさんのとこへもんじゃを食べに行った。あいかわらず、もんじゃはおいしい。あと、楽しい。もんじゃという食べ物は、そういう意味でも変わった食べ物だ。
車で行ったのでお酒が飲めなかったのが残念。
その後は2人で、U-パラに行った。10分70円ぐらいで、ゲーセン・カラオケ・ビリヤード・その他が遊びたい放題ってとこだ。
僕は2度目だったのだが、それなりに楽しめた。卓球、ビリヤード、ゲーセンとやはり対戦ものは楽しい。
最後に○○麻雀をやったのだけど、トダくんはめっぽう強かった。隣で見ていてとても楽しめました(笑)
最近の夜遊びは、お酒を飲むといったことが主体であるが、こういった飲みのない遊びも楽しい。ちょっと、若い頃を思い出した1日でした。

2005年6月24日(金)
体調回復

昨日は、ひさ〜しぶりに自転車に乗った。
乗っていて体調が悪くなるのが心配だったが、ぜんぜんそんなことはなく、むしろ快調なぐらいだった。蒜山の大会に出たときよりも快調だったかも。
とりあえず、30kmぐらい走って終わる予定だったのですが、あまりにも快調で、久しぶりに乗った自転車が楽しくて、ちょっと余分に走っちゃいました。
のぼりもダンシングで、ギアはアウターで。快調快調。途中、3人ぐらい、ローディーに遭遇しました。
後半は、吉井川沿いをポタリング。とても気持ちよかったです。
予定では、7月から練習再開でしたが、もう復活できそうです。さぁ、走るかぁー。

2005年6月22日(水)
微妙な筋肉痛

今日は足が少し筋肉痛。
自転車乗ってないのになんで?
思い当たるのが、昨日仕事が終わって自転車乗って、車をとりに行く際に、ちょっと本気で踏んでみたことが原因!?
あー、自転車10日間ぐらい乗ってないからなぁ。しかし、あれぐらいで、筋肉痛になるとは。グスン。情けなかぁー(涙)
明日はお店はお休みなのですが、体もだいぶよくなってきたし、自転車乗ってみようかなぁー、なんて考えてます。
LSDペースで平地をながすぐらいで走ってみようかと考えているのですが、大丈夫かなぁ?出来れば、暑くならない朝のうちに走りたいんだけど、早起きできるかなぁ。

2005年6月21日(火)
試供品

試供品でハンドクリーナーをもらった。
自転車の修理は、ほとんど素手でおこなっているのですが、やはり機械ものなので、油汚れは日常茶飯事です。
一般の方は、手が真っ黒になることに、抵抗があるようですが、もう全然へっちゃらです。
かといって、いつも手が黒ずんでいるかといえば、そうでもなく、1つ修理が終われば手を洗うようにしているので、さほど手は黒くなっていません。
油汚れには、ホームセンターなどで売っているピンクの粉を使用しているのですが、こいつがまたよくおちる。手も荒れないので、僕はこれを使い続けてます。
しかし、その試供品でもらった、新発売のハンドクリーナーを使うと、さらに汚れがおちます。けっこう感動します。
ピンクの粉に比べると、価格はお高いですが、少ない量でよくおちるし、悩むなぁ。
とりあえず、ピンクの粉、大量に買っているので当分の間は新しいのを買う予定はありませんが、試供品恐るべし。
まんまと、メーカーの術中にはまってもうたー。

2005年6月20日(月)
かわいそうだった。

今日は中国or韓国人であろう外国人の女性の方が、修理にこられた。
車との接触によるもので、店先で電話で加害者の人と交渉をしていたが、被害者の方が外国人ということもあり、うまく話が進んでいないようだった。
特に、あいだに保険会社が入っているわけでもなさそうで、本人同士のやりとりになってるようであったが、この加害者の人の態度がまた悪いこと。
まあ、事故の内容を良く知ってないので、意見するのもどうかと思うが、あきらかに被害者が外国人、しかも若い女性ということもあって、加害者の方が大きくでてる。
誠意のかけらもみじんも感じなかった。
さらに、加害者の名刺を被害者の方から見せてもらったのだが、タクシー会社のけっこうなお偉いさん。
どんなかたちにせよ、車を自転車にぶつけといて、その態度はないだろう。
被害者の方、とてもかわいそうだった。

2005年6月19日(日)
病院で検査 2

今日の朝練はお休みして、病院に行ってから、お店をあけた。
今日の病院ではいろいろ検査したのだが、こんなに検査したのは初めて。
おそらく、5年以上はおこなってない、血液検査もおこなった。注射大きらい&血を見るのが怖い僕にとって、血液検査は一大事なのですが、注射の上手な看護婦さんに助けられ、すんなり済みました。
相変わらず、この瞬間になると、小学生の時の予防接種を思い出します。
とりあえず、いろいろ検査したのですが、全て異常なし。それを聞いて、とりあえずホッとした次第です。
しかしまあ、相変わらず鈍い頭痛が続きますので、今回は薬をもらった。お昼からその薬を飲むと、とても快調。頭痛がとれるとなんだか体も軽い!!
ただ、どうなんだろう?しばらくは、この鈍い頭痛とは付き合っていかないとならないようです。
6月は自転車トレーニング難しいかもなぁ。遅くなるなぁ。まあ、秋ぐらいに調子をもっていくよう、少しのんびりトレーニングにのぞもう。休養も大事だ。

2005年6月18日(土)
チームジャージ第2LOT完成。

チームジャージの第2LOT目が届いた。
自分の中の予定では、もう少し早く出来る予定でしたが、やっぱりオーダーは時間がかかるのね。
今回も数名の方が御予約いただいていたのですが、お待たせいたしました。これでやっと、大会にもチームジャージを着て参加できますね。
うちのチームも、少しずつですが、人数増えてきました。ただ、今まではチームジャージを着てなかった方も、数名おられましたけど、これで、チームジャージ着用率もアップして、雰囲気もよりもり上がっていきますね。
そういう意味でも、次の大会が楽しみになってきますね。

2005年6月17日(金)
ダウンでした。

久しぶりの日記です。
いやぁ、体調が悪い日々が続きまして。
火曜日は、夕方からお店を閉め、水曜日は臨時で店をお休みし、木曜日は一応、定休日としてお休みしました。
今日は、なんとかお店の方も開けたのですが、昼から調子悪くなり、やばいかなぁと思ったのですが、それ以後はなんとか体調も持ち直した次第です。
風邪とかそういう症状でなく、貧血みたいな、たちくらみがして、そうなると座っていてもしんどい。あと、脱力感というか、力が入らない状態。
なんなんだろう?という症状なのですが、一応病院へ行ってきました。
いろいろ検査した結果、
「大丈夫です。」
という先生の回答。ほんとに大丈夫なのかなぁ。ちょっと心配。
案の定、今日も調子悪くなったし。
んー、まぁ、しばらく様子観ですかね。

2005年6月13日(月)
飲んでやっちゃいました。

今日の営業中、お客さんがひとり御来店。
「おにいさぁ〜ん。」
振り向くと、○○さんだったのだが、顔がすごいことになっていた。
「どうしたんですか?」
「やぁー、飲んで自転車で帰っててやっちゃいましてー」
どうも、朝起きて、顔が痛いので、鏡を見ると顔が真っ赤に染まっていたらしい。
事故当時の記憶はなく、どうやって家にかえったのかもわからないらしく。
まあ、大怪我にならなくてよかったです。

僕の知り合いでも、飲んで帰ってて、ひどい目にあった人は何人かいて。
これから暑くなって、ビールもおいしい時期。みなさんも気をつけてくださいね。

2005年6月12日(日)
練習(空港線・勝尾峠)

今日の練習は、僕・マツキくん・なかがわくん・フジサカくんの4人で、ロード練習を行った。
今日の朝まで、コースは決めてなかったのですが、かなり走るメンバーが揃ったので、ちょっとハードにいくことにした。
とりあえず、空港線を上る。
が、しかし、いつもより速いペース。マツキくんが先頭をひき、ペースをつくっている。僕は最後方でだらだら上ろうと思ったが、みなさん速いので、つられて上る。
以前なら、高校生のフジサカくんは、そろそろチギれるはずなのだが、やはり自転車部。かなり練習をつんでいる。しかし、後半、離れはじめた。まだ、面目は保たれた。しかし、あと半年ぐらいたつと、今の立場も逆転するか!?
なかがわくんも、前回の練習に比べ、かなり速くなってきた。というよりかは、調子を戻してきたってとこか。ただまあ、もう少し、昔の上りのキレはなく、最後のほうは離れていった。
僕はなんとか、マツキくんについていくことができた。
その後は、御津の方へ行き、勝尾峠をのぼる。
ここも、さっきの順で、フジサカくん、なかがわくんとチギれていって、今度はマツキくんが僕を引き離そうと何度かアタックをかけてきたが、僕も踏ん張ることができた。
その後は、少し平坦が続き、コンビニで休憩。暑くなってきたこの時期の定番は、やはりアイスクリーム。
ただ、アイスクリームといっても、クリーム系のアイスだと、口の中(胃の中)でもたつくので、やはり氷菓子系のアイスにかぎる。それとあと、デカビタCを飲んで、また練習にもどった。
後半は、ほぼ平坦路で、先頭交代をしながら旭川沿いを帰った。
カバヤを過ぎたあたりから、ペースを上げ、40km/hオーバーで走る。ここは、いつもスプリント合戦になるので、おもしろいところである。
ただ、以前落車もおこったところでもあるので、みなさんに落車注意報を出して、気分を引き締めた。
今日は、頻繁にアタックが起こり疲れたが、こういう練習もおもしろい。

2005年6月11日(土)
スッキリ。

今日はダンボールをとりにきてもらった。いやぁ、すごく溜まってたんで、かなりすっきり。
自転車、とくにスポーツ車はほとんどダンボールに入って、お店に入ってくるのですが、これがかなりでかい。
一応、おりたたんで、店のバックルームにしまってあるのですが、かなりかさばります。
それから、パーツの納入も、やはりダンボールに入ってくるので、けっこうダンボールとの戦いであったりします。
最近はバックルームに入りきらなくなって、店頭にも少しおいてたので、お客さんにも少し迷惑かけたかも。
まあ、ちゃんと再利用してくれるとこに、もって帰ってもらうので、少しは地球の為になってるかもね。

2005年6月10日(金)
熊山&笹尾山

蒜山も終え、しばらくまったりモードの予定でしたが、昨日は練習した。
しばらく大会の参加はないのだけど、次の予定は、7月中旬の中山サーキットになるのかなぁ。
昨日の練習は、熊山をのぼることにした。
蒜山では、かろうじて優勝することができたが、のぼりでチギられていたので、やっぱり、のぼりを強化していかねば。
僕は体型のわりに、のぼりが弱いと思う。筋肉はついていくのだが、心臓のほうがヤバイ。
案の定、昨日の熊山もきつかった。
天気が良いのはいいが、この時期ともなると、けっこう暑い。この暑さは、のぼりなどでの集中力をかなり低下させます。もう少しで、途中で足をついて引き返すとこでした。
ただ、タイムはそこそこ良いタイム。頂上では、休憩せずに、ゆっくり下りながら、体力を回復させることにした。このほうが実戦に近いので、いいかも!?とか思いながら。
熊山をくだり、もう家に帰ろうかと思ったが、もう少し体をいじめることにした。
熊山から、伊部に行き、そのまま笹尾山(伊佐林道)をぬけ長船にかえろうかと思ったが、途中、親戚の家に立ち寄って、お茶を飲んで、それから、山越えをした。
この山越えは、斜度といい、距離といい、今の自分にはちょうど良い。熊山だと、若干きつすぎるような気がする。
特に、これから夏真っ只中に入っていくと、無理な練習は危険だ。
昨年は、熊山をのぼってて、目の前が白くなったり、自販機が壊れてて給水できず死にそうになったり、大変なことが何度かあった。これからの練習はあまり頑張り過ぎないようにしていこう。

2005年6月8日(水)
夢のなかぐらい。

今日は夢を見た。
なんの夢かというと、宝くじが、はずれる夢。
いやいやいや、せめて夢の中ぐらいあたってよー。
今回、珍しく宝くじを買ったのですが、抽選日を前にして、こんな夢をみるという僕の頭の中は、はなったから当たる気ないのか!?

今回の宝くじの購入目的は、ズバリ!!HONDAのS2000が欲しい!!
ただ、それだけの為です。
速い車、大好きです。外車もいいですが、ぜったい買えないし、現実味がない。
その点、日本車は速いし、安いし、パーツもいっぱいあるし、壊れないし。まあ、日本車にもいろいろありますが・・・。

どうしよっかなぁ。
億あたったらどうしよっかなぁ。

とりあえず、S2000買って、んで、最後のランスの走りっぷりを見にツールドフランスを観にいこう。お店は休むが許してください(笑)

はぁ、抽選日まで、しばらくこんな夢をみさせてください(笑)

2005年6月7日(火)
早起きして。

今日は、なぜかとても早く目が覚めた。いつもより1時間以上早い。
普段ならここでだらだらとしてしまって、結局家を出るのはいつもとかわらなかったりするのですが、なんとか1時間早く家を出ることができた。
天気もいいし、当然自転車通勤である。
で、ここで、なぜかいつもはない、追い風。いやいや、そんなにスピードでなくていいんですけど。
ボトルにはいつも、CCDやらクエン酸アミノをいれているのですが、たまには気分をかえてやろうと、今日は麦茶をいれてみた。ボトルに麦茶は普段飲まないが、ボトルにいれて、ぬるくなった麦茶を飲むと、小学生の時に、遠足で飲んだ麦茶の味がした。なまぬるい、ほのかにプラスチックの容器のにおいがする味。
お店にも当然早くついたので、銀行へ行って、それから、ミスドに行った。
最近、リッチに朝ミスドにハマっているが、コンビニでパンとジュースを買うのと、あまりかわらない値段なのでいい。
普段見ない新聞にも目を通すようになった。
ん〜、早起きすると、けっこう生活スタイルもかわってきますね。なるべく早起きしたいもんだ。

2005年6月6日(月)
優勝。

昨日は蒜山サイクルMTBに参加してきた。
いろいろな大会はあるが、この蒜山、あと秋にある吉備高原、最終戦に程近い深山公園は、自分にとってとても重要な位置づけにあるレースである。
オープン以来、毎年参加する、この3大会の結果をもとに、自分の成長具合を示しているといっても過言ではないだろう。
今のところこの3大会では、一応右肩上がりに成長してきているが、昨年の蒜山のリザルトはアンダー45クラスで7位。今回の目標は当然・・・。

朝は7時にお店集合。今回参加するのは、僕・マツキくん・こうのさん・かんざきさん・たさきちゃんの5名。マツキくんは現地にて合流しました。
前日は集中的な雨が降ったものの、天気予報ではまったくの晴れだったので、当然晴れのつもりでいたのですが・・・。
蒜山にどんどん近くになっていくにつれ、おいおい霧が濃いぞ。おいおい、小雨が降ってきたんですけど。おいおい、けっこう降ってきたじゃん!
山の天気は変わりやすいとはいうものの、天気予報では晴れ&携帯サイトのアメダスでは1mmの雨も見当たらない。なぜ雨降ってんの???
昨年アンダー45で優勝してた、地元ライダーの小谷さんにきくと、こんなことはしょっちゅうだということでした。こりゃ、山登りのプロでも遭難するわなぁと思いました。

今回は、コース途中の土砂崩れのため、スタートから中盤のダートの入り口まで、コース変更されているとのことでした。
主催の辻本さんにきくと、けっこうな坂がつづくらしい。
「今回のコースは1時間きれんぞ!(笑)」
うれしそうに辻本さんは言うのだが、あいかわらず、ライダーにSな人だ(笑)
小谷さんにも聞いたのだが、変更されたところはけっこうな坂らしい。

スタート位置まで、メンバーと移動。この距離は程よい。小雨で少し寒いところではあるが、アームウォーマー・タイツ・ベストをもってきていたので、とても暖かい。ただ、レースには上下ジャージに、アームウォーマー。それにキャメルバッグで行くことにした。僕はボトルでの水分補給は苦手なので、このコースにキャメルバッグはもってこいだ。

さて、いよいよレース。
先頭は、7名のエキスパートの方々がスタートする。相当な猛者ぞろいだ!
さて、メインとなるアンダー45の部は約130名。昨年のローリングスタートがうまくいかなかったせいか、今年は20名1組が2分おきにスタートしていく形式。
この形式だと、うまいことスタートはできるが、レースの展開がつかめないし、後方のスタートになる人は、遅い人をパスするのに時間がかかってしまう。
僕のスタートは、7組中、5番目のスタートとなる。う〜ん、結構不利かも。
そして、スタート。
僕の組には、かんざきさんが一緒だったので、とりあえず、一緒に走ることを予定していた。かんざきさんは、このレースは初参加だったので、とりあえず、僕についてくる作戦らしい。
スタートから猛烈にダッシュする。軽いギアにいれていたせいもあり、前輪が浮いてしまった(笑)
とりあえずロケットスタートを決めたのだが、かんざきさんだけがついてきた。
変更されたコースはアスファルトの路面かとおもいきや、けっこうオフロードもあるではないか。しかも登りが多い。ただ、ペースをあげる。
途中、「これより、1kmのぼり」と表示されたのぼりに差し掛かる。ここで、ペースを少し落とし、かんざきさんと先頭を交代。すると、うしろからBeer’sの方と、若い青年が追いついてきた。レースはこの2人を含め、4人で展開することになった。
1kmをのぼりきり、以前からのコースのダート区間に突入。ここで、追いついてきた2人が先行。そしてかんざきさん、僕と続く。
ここは、2年まえに2度転倒したので、慎重にすすむ。ただ、けっこう前の3人が速いので、おいて行かれないようにはする。
そして、左右から藪がはえた下り区間に突入。ここは、左右に走行ラインがあるものの、藪があり走りにくい。でも、前のペースが落ちてきたので、前走者のかんざきさんを声をかけてぬく。かんざきさん、右によけてくれたものの、若干バランス崩す。大丈夫ですか?と振り返ると、今度は僕がバランス崩す。そして、しばらく走行すると、前がノロノロ走行になり、ブレーキ。バランスはまだ安定してなかった!?かんざきさん転倒。しかし、ノロノロ走行だった為にすぐにリカバリーは出来た模様。ごめんなさい。
さて、なんとか、遅い人達をパスし、今回のレースの山場、ダートの上りに突入。依然4人でのレース展開。僕をのぞく3人の様子は、けっこう元気な様子である。
ここで、今後のレース展開を考える。

まず、自分の余力。
どうだろう?けっこう足はつかったが、どちらかというと、心拍のほうがきつい。この上りでは、なんとかついていく作戦にしよう。そして、下り、平地でぶっちぎってやろう。
かんざきさんはどうだ?
チームメイトとして一緒に走ってきたが、そろそろ、ちぎらないとやばいかも。ただ、以前のレースの展開からいうと、この上りでちぎれてくれる筈なのだが。
Beer’sの方、若い人の力は未知数。ただ、若い人は積極的に、先頭をひく。というか、3人を振り切らんばかりの勢い。けっこう力貯めてんのか?
そんな感じで、4人で上っていく。そして、上りも終盤にかかると、レースは動く。
まず、Beer’sの方が集団から切れていった。そして、なんと僕も切れてしまった・・・。こんなに心臓をいじめたのは、本当に久しぶりだ。本当にキツかった。2年前に、この坂を登ったときも死にそうだったのだが、今回も同じぐらいきつい。
下りにさしかかったが、ギリギリ視界から見える程度に2人が逃げている。しかし、追いつかん。この2人を抜かんことには、最低でも、表彰台はない。
しかし、差はひらかず、僕の心臓も復活し、2人の姿がみえてきた。どうも、下りは今ひとつらしい。
すかさず、追いつく。というか、そのまま、2人をパスする。しかし、うしろにかんざきさんがつく。振り切ろうとするが、結局、若い人だけが切れ、かんざきさんと僕になってしまった。
こういう展開は非常にやりにくい。とりあえず、かんざきさんに声をかけてみる。
「どうします。勝負しますか?」
かんざきさん「はい。勝負しましょう!」
身内の戦いは非常にやりにくい。ある程度手の内は知っているので(とはいっても、かんざきさんがここまでやるとは思っていなかったが)、平地は僕が有利かもしれんが、最後の上りは、かんざきさん有利。
僕は平地で振り切ろうと思ったのだが、カウンターが怖く、結局、のぼりまできてしまった。
とりあえず、様子見で、僕がアタック。
ん、?反応ないぞ。
しかし、後ろを気にしながら、カウンターを警戒。
僕も、当然、足はのこってなかったのだが、そのままゴールとなった。
4人の戦いは、とても緊迫したものであり、それを制したのには、ものすごい達成感を感じた。
そして、その4人の抜きつ抜かれつな展開は、いいペースをつくっていたようで、なんと、僕はアンダー45の部で優勝してしまった。そして、一緒に走ったかんざきさんも2位になった。(ちなみにBeer’sの方5位)
「優勝」
自転車レースで、初のタイトルである。かなりうれしい。来年はいよいよ、エキパー軍団の仲間入りか!?
しかし、今回、試走なしに初の走行だった、かんざきさんと3秒差だから、微妙である。かんざきさん、転倒したしなぁ(苦笑)
女子の部では、タサキちゃんが、優勝をかざった。FREESPEEDけっこう表彰式で目立った?
こうのさんは、今回も無事完走。マイペースな安定した走りだ。
うちのエース、マツキくんは、不運にもパンクにみまわれ、結果は残せなかった。しかし、ちゃんと走れてれば1・2・3もあったかも!?

レース後はみんなで、ジンギスカン食って、んで、湯原温泉につかってかえりました。

(写真は、FREESPEEDの歩みにて公開!!)

2005年6月3日(金)
蒜山に向けて

蒜山まで走る時間がなかったのだが、なんとか少しだけど走った。
通勤といってもぬかりなく、普段からレーパン&ジャージ&SPDで走るのですが、昨日の帰りになんとか雨もやみ、走って帰れそうだったので、ジーパン普通の靴で帰った。
ちょっとした走行なら、この装備でぜんぜんOKなんだけど、やはりちょっと気合入れて走ると、SPDでないため、すぐペダルから足を踏み外します。
あと、ジーパンの10kmオーバーはけっこうきついですね。吉井川からそのままの仕様のブロックタイヤなのですが、それも相なってペダリングが重い。
レーパンはおしりの痛みの解消という役目もありますが、やはり、足の回しやすさもぜんぜん違いますね。
さてさて、明日は結婚式参加のためお店はお休みいたします。日曜日は蒜山参加の為お休みです。2日連チャンで休みです。お客さんに御迷惑をおかけしそう・・・。
蒜山のことを考えるとちょっと引けるのですが、明日はビール飲むぞぉ!そして蒜山もがんばるぞぉ!!

2005年6月1日(水)
蒜山に向けて

このあいだの吉井川の余韻もおさまり、いよいよ今週日曜は蒜山です。クロカン2連戦の2戦目ですね。一応、前半戦の締めとしての位置づけであります。
しかし、なんだか吉井川でなえてしまったというか・・・。別にメインが吉井川だったわけじゃないんですが、なんだか失速気味ですね。
今週は大会以後1度も自転車に乗ってないし、明日も雨みたいだし、金曜日は乗れるか微妙。そして土曜日は、お店を休んで、嫁さんの兄さんの結婚式で京都まで。んで、日曜日の蒜山と。
なんだかコンディションのつくりにくい1週間だ。
そんななか、ちょっとだけ自転車軽量化。
バーエンドをSUMICAのものに交換。これが軽い!ペアで60g!
今使っていたものが、120gだったので、60gの軽量化!
60g・・・。
わかる人にはわかるはず!!
ただ、締め付け部分からボディまで、くり貫かれているので、締め付け面積が少ない。あんまり締め付けると、カーボンハンドル割れそうだし。(注:一応、ハンドルメーカーでは、エンドバーの取り付けは保証外であります)
なんとか裏技つかって、締め付けました。軽量化もここまできたら大変なんですよねぇ。
とりあえず、自転車さわってごまかしてます。あぁぁぁ、タイヤも換えてぇ〜。